ぼくを探しに

2014.08.02
テーマ:

事務所の後輩、樋口智恵子ちゃんに
誘われて映画の試写会に行って参りました!
フランス映画「アメリ」のプロデューサーの最新作「ぼくを探しに」です。

0802_.jpg


幼い頃に両親を亡くしたショックから、
言葉を話すことができないまま大人になったポールは、
ある日不思議な雰囲気のマダムに出会います。
彼女の淹れてくれるハーブティーには失われた記憶を呼び覚ます力があり、
ポールは過去の思い出を辿ることで心に変化が生まれ、
彼の人生が少しずつ変わって行く...というストーリー。


とても良い映画でした。
記憶というものは、もしかしたら時間が過ぎる中で
事実と塗り替えられている部分もあるのかもしれません。
果たして私の記憶は...わが身を振り返って考えさせられました。


それにしても、フランス映画はやっぱりオシャレですね~。
出演者の衣装も街並みも、美味しそうなお菓子まで、すべてが美しいです!
色彩がとてもカラフルで可愛らしくて、
画面を観ているだけで幸せな気持ちになって来ます (*^o^*)
なかでも草や木の柔らかなグリーンに、心を掴まれてしまいました。


ああっ!
もう一度観たい!!


映画の中で何度も登場するシューケットというお菓子。

0802_2.jpg


シュー生地にお砂糖の粒が乗っているシンプルなお菓子です。
主人公はパン屋さんで買っていましたよ。
試写会前のトークショーで、このシューケットがこれから流行るのでは?!
というお話がありました。
食べてみたいなぁ~ (#^.^#)


本日公開のこの映画、公開初日にはフランスの老舗の紅茶やさん、
テオドーのオリジナルティーが先着順で頂けるそうです。
0802_1.jpg


私も欲しい〜っ♡


この映画を観て、フランスに行きたい!という気持ちがますます大きくなりました。
旅本を買って、夢を膨らませて、またこの映画観に行っちゃおうかな!