観劇

2014.06.16
テーマ:

昨日は、青山草月ホールで行われた
KizuNa+αの公演「Human」を観て来ました。


0616.jpg
今回は高木渉くんからお知らせを頂いて観に行ったわけですが、
このチラシを見てビックリ!
一番左に写っているのは、舞台「流れる雲よ」で、
私の息子役の特攻隊員を演じた幸村吉也さんでした。


今回の舞台は実在のカリスマダンサー、
松本ケージさんの生涯を歌とダンスとお芝居で綴ったもの。
松本ケージさんの実の妹さんで、
サクラ大戦巴里公演にダンサーとして参加してくれた
松本菜穂ちゃんが中心となって制作しています。
演出は今年2月の「サクラ大戦巴里花組公演2014〜ケ・セラ・セラ・パリ」で
お世話になった斎藤栄作さん。
なんだか他人事とは思えない公演でした(笑)


松本ケージさんはダンスバトルで優勝されたり、
多くの生徒さんを抱えたダンススタジオで熱い指導を行い、慕われたカリスマダンサー。
でも私は今回の舞台で初めて彼のことを知りました。
多分彼が活躍されていた当時、
子どもが産まれたばかりであまりテレビを観ていなかったからかもしれません。


一人のダンサーという枠だけには収まらない才能豊かな青年と、
彼の想いを伝え続けようと頑張っている若いダンサーさんの熱、
そして妹菜穂ちゃんのお兄さんへの想いが伝わって来て、
とても温かい気持ちになりました (#^.^#)
今回WキャストでTARAKOちゃんの回ではなかったため、
TARAちゃんの歌が聞けなかったのがちょっと残念でしたけど...
人と人との繋がり、人が人を想う気持ち、まさに絆を感じさせるお芝居でした。
次回公演があったらぜひ、ご覧になってみてくださいね!