パキラの剪定

2014.06.14
テーマ:

我が家のパキラは、
子どもを幼稚園に送った帰りに通りがかったお花屋さんで衝動買いしたもの。
子育て真っ只中で疲れてたんでしょうね〜。


癒されたい ヽ(´o`;


そんな思いで買ったことを覚えています。
当時30センチくらいだったパキラが、
14年間で伸びに伸びて天井に届くまでになってしまいました。
でも明らかにひょろひょろで、それまでと比べるとひ弱な感じ...。
どうしたものかとずっと気になっていたのです。


うちの旦那さんも気になっていたようで、
今日ネットで調べてもらったら、もっと早い時期に幹を切って、
元気そうな葉を挿し木にするというのが正しいやり方だったようで...
こんなに伸び放題にしてはいけなかったようです...とほほ...。
(ーー;)


と言うわけで、遅ればせながら剪定いたしました。
0614_1.jpg
こちらが幹の部分。


0614_2.jpg
これが葉。
本当に根がつくのかなぁ?
このまま枯れてしまいそうで不安です。
幹の青い部分、しかも出来るだけ下の方を切ったため、
葉が一番まとまって育っているところが幹から切り離されてしまいました。
その中から一番若い葉を選んで挿し木にし、残りの葉とはお別れです。
いくら植物の成長に欠かせないとはいえ、剪定とは胸の痛む作業ですね〜 (。-_-。)


どうか、元気に育ってね!


そしてついつい買ってしまった新しいお友達。
ブーゲンビリアさんとアイビーくんです (^O^)/
0614_3.jpg


みんな、元気に育ちますように ♪