京都に参ります

2011.06.11
テーマ:

新幹線で京都に向かっています。
明日、奈良で京都フィルハーモニー室内合奏団と涼風真世さんの
コンサートがあるんです。
その司会をするために京都に向かっているのです。
そんな中、東京駅で...
ぎんざ泥武士のお弁当を発見!


110611.jpg


見えますか?ロゴの上に私の大好きな言葉が!

自然・無添加


110611_115328.jpgナチュラルポークとキングサーモンの出会い弁当( 長っ!)


あ~幸せ~、
これを食べたら元気になれそうな気がする~('-^*)ok
もう食べてしまったので載せられませんが、
ここのコールスローがさっぱりしてておいしいの (*≧m≦*)


昨年発売された私の著者
「楽しいことも辛いこともみんな人生のスパイスだと思うのです」(長っ!)の
打ち合わせをの時に、よくこのコールスローを食べてたんだ~。
機会があったら、ぜひご賞味ください。¥350なり。

今日は、これからリハーサルです。ナチュラルパワーで頑張りまっす!

ぽりりん登場

2011.06.10
テーマ:

文化放送 超!A&G+ で放送中の番組「It's a Voicefull World」に、
ぽりりんことあかほりさとるさんが来てくれました~。

110610.jpg

ぽりちゃんは、サクラ大戦の脚本を書いてくれた作家さんです。
おいしいものを食べ過ぎて、大きさが1.5倍増になった感じ...
身体には気をつけてね、ぽりちゃん。


この日のゲストコーナーは大盛り上がりでした。
さすが作家さん!というか、
さすが文化放送でレギュラー枠を持っていたパーソナリティー!
炸裂したトークは面白さ120%です。
放送は、6月19日(日)20:30〜 の予定です。
お聞きのがしなく ー(^-^)/~~

嬉しい再会

2011.06.07
テーマ:

今日は、テレビ朝日「ブラマヨとゆかいな仲間たち大集合SP」の
収録に行って来ました!
そこでお久しぶりのスリーショット、
「師匠と二人の弟子」が揃いました~ (^○^)
田中真弓さんは、黒のワンピースTシャツにワンピースGジャン!カッコいい!
三ツ矢さんは、赤青白の横縞シャツで「ウォーリーを探せ!」風、
私は本番は白いワンピースでしたが、私服は紺と白でマリン風!?です。


110607.jpg


こんな風に3人揃うのは、2年前の舞台以来かなあ。
なんだか嬉しい気分の記念撮影です。
しかし...三ツ矢さんはよく喋る... (-"-;)
本人曰く、自分を押さえてたとのことですが、
もし押さえなかったら
どんなことになっていたのでしょう...((((;゜Д゜)))恐ろしいです。

ベアチ、ゲットだぜ!

2011.06.04
テーマ:

「プリティリズムオーロラドリーム」の
打ち入りパーティで大きいベアチをゲットしました~!


嬉しいチア~!\(^o^)/ 110604_232706.jpgのサムネール画像


欲しい方は、横浜にある「プリズムストーン」というショップで買えますよ。
バッグに付けられるマスコットタイプの小さいベアチも可愛いです。
女の子に大人気のお店なのですが、劇中にも登場しているので、
一度キャストのみんなと行こうねと話しています。
帰りは中華街だね!とも(笑)

さて明日はチャリティイベント「ぼいすせっしょん~絵本のくに」です。
子どもが小学生の頃は、学校でも読み聞かせをしていたし、
親子向けのイベントでも絵本を読んでいますが
明日は声優としての読み聞かせイベントなので
もしかしたら私の朗読を聞くのは初めてという方も多いかも知れませんね。
大きくなってから絵本を読んでもらう機会は
ほとんどないと思いますが、楽しいですよ!
小学校での読み聞かせでは、
私は他のお母さんの絵本を聞くのが大好きでした。
その雰囲気をどうぞご堪能ください。
それから小さいお子さんをお持ちのお母様!
お子様が主役のイベントです。どうぞ安心してお越しください。
学校や幼稚園の教室で読んでいるような近さで楽しめます。
明日はどんな方たちが来てくださるのか、とても楽しみです。
無料のイベントなのでお気軽にご参加くださいね (^_-)-☆

見つけた!

2011.06.01
テーマ:

先日NHKで特集されていた、カズオ・イシグロの本を買いました。
きっと知っている方の方が多いと思いますが、
私は恥ずかしながら初めて知ったので、
作品もさることながらイシグロさんご自身にも興味津々です。


日本人のご両親を持つイシグロさんですが、
文化も習慣もイギリス人として育ったこと。
でも心の奥底に幼い頃過ごした日本の風景が、根強く残っていること。
日本人でありながら日本語を話すことが出来ない、
そしてイギリス人でもない...
自分は一体何者なのかと悩みながら青年期を過ごした方が、
どんな心のひだを物語に書かれたのか、とても知りたくなりました。


110601_214455.jpg


これからゆっくり、じっくり読んでみようと思います (-.-)

1 2 3 >>